健康・医療

インフルエンザ予防接種の時期!受験生ならいつ!?

2015/01/12

受験生を持つ親子は、毎年冬になると

風邪やインフルエンザにかからないよう

家族中で神経つかいますね。
昨年は、我が家でも家族全員

インフルエンザの予防接種を受けました。
心配ばかりが多い時期だからこそ

冷静に判断できるよう

早めに準備したいですね。

Sponsored Links

では、インフルエンザ予防接種を受ける時期は
いつがいいのでしょう?

受験シーズンに合わせることが大切

受験シーズンとインフルエンザの流行時期と

接種するタイミングを合わせることが重要です。

 

大学受験予定

1月中旬 センター試験

2月初旬から2月終り 私立大学試験

3月半ば 一部私立大学 国公立2次試験

 

インフルエンザ流行の時期はいつ?

季節性のインフルエンザは、

例年11月から12月頃に流行が始まり、

1月から3月にピークを迎えます。

 

インフルエンザの接種時期は

インフルエンザの効果は、打ち始めてから

2週間後に効き目があります。

 

通常大人は、1回の接種で構いませんが

受験生の場合は、念のため2回接種をお勧めします。

 

となると、インフルエンザがはやりだす前の

12月中旬には、打ち終わっていた方が良いでしょう。

 

2回接種することを考えると

4週間前には、打ち始めることになります。

サンプルスケジュール

スケジュール

仮に、11月13日に

1回目のワクチン接種したら

2回目が11月27日となり、

 

最終的にワクチンが効くのは、

12月11日以降となります。

 

病院によっては、1週間間隔で

接種する場合もあります。

 

病院のお医者さんとよくご相談してください。

予防接種

予防接種の金額

保険がきかないので、料金が発生します。

 

一般的に大人は、3000円から4000円と

いったところですが

病院によって、金額が異なります。

 

2回接種の場合や兄弟親子で受ける場合は

結構な値段になります。

 

ですから、先に病院に

問い合わせたり、ママ友に聞いたり

リサーチしてみて下さい。

 

我が家では、友達に教えもらった

おかげでとても助かりました。

 

ワクチンの配布量も病院によって異なるようで、

それによって、金額も異なるようです。

Sponsored Links

それでも、インフルエンザにかかってしまったら

48時間以内であれば、薬で治療できます。

ただし、副作用もあるので、注意が必要です。

 

抗インフルエンザウイルス薬の服用を適切な時期

(発症から48時間以内)に開始すると、

 

発熱期間が、通常1~2日間短縮されます。

ウイルス排出量も減少します。

 

なお、症状が出てから2日(48時間)以降に

服用を開始した場合、十分な効果は期待できません。

 

医薬品の服用後にも、

急に走り出す等の異常行動の発生が認められているので

服用後の注意も必要です。

薬

 

まとめ

    • インフルエンザ予防接種は、11月頃から12月中旬までに

 

    • 効果は、接種した日から2週間すぎから5か月くらいまで

 

    • 発症から48時間以内なら、抗インフルエンザ剤が効く

 

  • ワクチンも抗インフルエンザ剤も副作用有

 

よくかかりつけの病院の先生とご相談のうえ、判断してください。

インフルエンザや風邪に負けずに 受験生も受験生の親御さんも

頑張って乗り切ってくださいね!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-健康・医療

成長因子注入療法