暮らしの知恵・豆知識 食べもの

冷凍した肉の解凍する裏ワザって?おいしくするには?

コストコでお肉が安くて

びっくり!

 

小分けにして冷凍すれば

いつでも使えて便利だわ!

 

ところが、いざ解凍となると

水っぽくなって、せっかくの食材が

とほほの状態になることがあります。

 

みなさんは、解凍するとなったら、どうしてますか?

Sponsored Links

ジップロックで、凍ったまま、水道水をかけるとか

レンジを使う

自然解凍?

 

それとも

そのまま火にかけるとか。

 

どれが一番おいしくできるのでしょう?

お肉屋さんに聞いてみました。

解凍する時の温度が重要

冷凍肉の解凍を常温にしてしまうと

細菌が増殖してしまうので、

それは、やめた方がいいそうです。

 

解凍する温度が高いと、解凍によって

細菌が増殖しますし、肉汁を含んだ

ドリップが生じてさらに

細菌の繁殖が活発になってしまうそうです。

ドリップとは

時々スーパーで、トレーにのっている

赤い肉の汁が出ているのを

みかけたことが、あると思うのですが

それがドリップです。

 

ドリップとは、冷凍されたことにより

壊された細胞から流失する液です。

 

壊れた細胞ですから、すでにうまみはなくなっています。

ドリップを拭き取ってから、調理した方がおいしくなります。

 

一番おいしくなる解凍の秘訣は、

解凍する温度を低い状態にすることです。

niku

そのため、いくつか解凍する方法はありますが、

一番のおススメは、氷水解凍です。

え?

氷で解凍なんてできるの?

 

ちょっとびっくりですよね。

氷水につけて解凍するのは、俄かに信じがたいですが

実際は、冷蔵庫解凍や室温解凍よりも速く解凍できます

 

氷水には空気よりも熱伝導率が圧倒的に高く

さらに、1℃付近の低温を保ち続けるという性質があります。

 

氷点解凍のポイント

・0度に近い温度の氷水により肉の表面が守られること

 

低温で解凍するので、

細菌繁殖で肉の変質をおさえることができる

 

・空気より熱伝導率の高い液体(氷水)を使うので、

早く解凍できる

 

では、実際にどのようにするのかご説明します。

やり方

  1. ボールに水を入れて、だいだい同じくらい氷を入れ
    水温をできるだけ0度に近づけた状態で、
    ジップロック(ビニールの袋)
    に入れた肉をそのまま入れます。
  2. 肉の表面に氷の膜ができて、表面温度をあげずに
    解凍できます。YOUTUBEでは、0’35から4’55をご覧ください。

美味しく調理できる解凍方法の順番

  1. 氷水解凍
  2. 冷蔵庫解凍
  3. 流水解凍
  4. 自然解凍
  5. 電子レンジ解凍

の順番になります。

 

2番目の冷蔵庫に入れて解凍する方法は、

時間が掛かるので、

熱伝導から考えてもよい方法ではないそうです。

 

3番目の水道水で解凍する方法は、

熱伝導的には効率的ですが

肉の温度が上がってしまうので、

鮮度が低下してしまうそうです。

 

4番は、細菌が繁殖する割合が高くなります。

5番目の電子レンジ解凍は、

水っぽくなったり、固くなったりします。

 

やはり

氷水解凍が一番おいしくなる方法ですね。

この方法は、肉だけでなく魚でも同じです。

冷凍保存期間

肉の冷凍保存期間は、約1ヶ月間は可能です。

ただし、一回に食べる分を冷凍保存袋

(必ずしも「ジップロック」ブリーザーバッグでなくても良い)

などに小分けして保存してください。

 

長持ちさせるコツは、冷凍保存用の袋の中が

空気に触れないようにすることです。

保存の時に、空気を十分に抜くようにして下さい。

 

家庭で使える『真空パック器』 も販売されているようです。

最後に

上手な解凍方法を知っておけば

忙しくてもおいしく調理することができますね。

 

一度解凍したものをさらに

冷凍したりを繰り返すと

美味しくなくなりますので

解凍したら、すぐに調理していただきましょう。

 

これで安売りの時に

たくさん買っておいても安心ですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-暮らしの知恵・豆知識, 食べもの

成長因子注入療法