行事・イベント

5月人形を飾る時期!いつからいつまで?

2017/04/27

女姉妹ばかりだと端午の節句って、

せいぜい柏餅を食べて、しょうぶ湯に入るくらい。

 

あまり意識せずに暮らしていました。

 

結婚して、子供が男の子を

授かって、はじめて迎える節句です。

 

五月人形も揃えてもらったけど

飾る時期もいつからいつまでなのか

さっぱりわからない!

そんなあなたにお届けいたします。

五月人形を飾る時期はいつから?

飾りはじめは、春分(3月21日)を過ぎてから

遅くても4月中旬には飾りましょう。

 

男の子の健やかな成長を願ってお祝いする行事です。

毎年、祝ってあげたいですね。

五月人形飾る時期いつ

一般的には、初節句の年に飾る時には

五月人形を贈られた春分の日以降や

4月に入り、年度初めのような感じで

新たな気持ちになる節目に飾ります。

 

二年目以降からは、4月中旬前後に

飾るのが良いとされています。

 

毎年子供の成長を願う気持ちを込めて

飾ってあげたいものですね。

 

ただし、結構出したりしまったりって

面倒くさい!と思ったら

なかなかやらなくなってしまいます。

ずぼらな管理人は、

3月の雛人形をしまう時に一緒に

5月人形も出して、飾ってしまいます。

 

春分よりも早いですが

これだと、面倒くさい!と思うこともなく

ついでのような感じで飾ることができます。

 

ついでと言っては、怒られてしまいますが

まずは、毎年飾ることをすることに

重点を置きたいと思います。

 

Sponsored Links

ちなみにこいのぼりを飾る時期は?

端午の節句の時に飾る

こいのぼりも飾る時期は同じです。

 

ただ、こちらは、3月からでは

ちょっと早いと目立ってしまいますので

4月中旬ころからがいいですね。

 

五月人形もこいのぼりも

遅くても、1週間前には飾ってくださいね。

4月29日を目安にするとよいでしょう。

 

五月人形も、お正月のしめ縄飾りのように

一夜飾りは良くないと言われます。

 

色々説はありますが、葬式が一夜飾りのことから

良くないことを連想してしまうからでは

ないかと思います。

 

ですから、慶事のことは、早目に用意するのが良い

いうのが一般的な考えとなったと思われます。

 

ちなみに、しめ縄飾りの飾る時期については、こちらでご紹介しています。

□当ブログ記事しめ縄の飾り方って?いつからいつまで?

 

鎧や兜は、もともと武家社会では、身を守る道具でした。

 

江戸に入ってからは、子供の身を守り

災いがかからないように願うために

兜や鎧を飾るようになりました。

つるし飾りのものも可愛いいですね。

大安とかは関係ある?

人形を買い求める時は、お店の人が大安吉日に

お届けしますね。と言ってくれることがあります。

 

確かに、お祝いごとですから、大安の吉日だと

とても縁起が良いですね。

ただ、飾る日程では、ことさら大安吉日を

意識する必要はありません。

 

それよりも、人形を丁寧に扱ってあげるために

湿気のない天気の良い日に出すのが良いでしょう。

五月人形を飾る時期はいつまで?

雛人形のように、片付けるの遅くなると

嫁に行くのが遅くなるというような

言われはありません。

 

ただし、やはり季節のものですから

いつまでも出しっぱなしにするのは

よくないですね。

 

五月の中旬までに、天気の良い時に

片付けるのがよいでしょう。

特に梅雨の時期に、近づくと湿気も出てくるので

早目にしまうのがよいですね。

1年中飾ってもいいの?

こいのぼりや子供大将や鍾馗の人形のようなものは、

季節のものとして定着しています。

 

ところが、

兜や鎧などは、美術品やインテリアの一部として

飾ることもできます。

五月人形飾る時期鎧

魔除けの意味もありますから、その場合は、しまわずに、

一年中飾っておいても、いいかもしれませんね。

 

自分の好きな戦国武将の鎧兜などを

お子さんのために用意して

自分も一緒に楽しむのもありかもしれません。

 

一年中飾ることで、ずっと災いから

守ってくれるような気もしますね。

まとめ

五月人形を飾る時期は

春分の日3月21日から

遅くても4月29日まで

 

五月人形をしまう時期は

5月5日の節句をすぎたら

5月中旬には片付ける

ただし、兜や鎧は、1年中出していてもよい。

最後に

手狭な我が家では、兜や鎧を飾っておけるような

スペースはありませんし、インテリアとして

置いておけるような雰囲気もありません。

そうなると、毎年出すようになりますね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-行事・イベント

成長因子注入療法