暮らしの知恵・豆知識

結婚式の服装マナーは?男性の場合!フォーマルスーツはどれ?

初めての結婚式の出席なんだけど。
男性はどんな服装がいいの?

ブラックフォーマルって
最近見かけないけど?

ブラックスーツ以外で着用してもいいものって
どんなものでしょう?

知らないでうっかり出席して
恥ずかしい思いをしないように
確認しておきたいですね。

SPONSORED LINK


結婚式や披露宴では、ブラックフォーマルに
白いワイシャツに
白いネクタイの礼服なら間違いなしと思っていましたが

どうやら最近は違ってきているのかしら?

結婚式は、フォーマルな場であることをまず頭に入れることです。

結婚式に、ブラックスーツでなんていうと
ちょっとダサイイメージと思ってしまうかもしれません。
でも、着方次第でおしゃれにすることもできます。

また、服装には、それなりに場にふさわしい格好を
する必要があります。

自分のスタイルだからといって
場違いな格好をしてしまっては
品格も疑われてしまうので、注意しましょう。

結婚式の披露宴は、だいたい昼間に行われますので
その時間帯のフォーマルな装いをします。

フォーマルなものでも、時間帯や主賓なのかどうかなどで
格付けによって着る服装が異なります。

では、順番に見ていきましょう。

ブラックフォーマル以外で
一番のおすすめは、ディレクターズ・スーツです。

ディレクターズ・スーツ

ディレクターズ・スーツは
昼間の一番格式の高いモーニングコートの略装です。

昼間の準礼装となります。
朝から、午後6時(冬は午後5時)までの装いです。

ブラックスーツと同じく黒いジャケットに
(上着がシングルの場合はグレーのベスト)
とコールズボン(モーニングの縞ズボン
を合わせたものです。

ポケットチーフには、シルクもしくは
麻で、白が基本ですが、シルバーグレーでも構いません。

ネクタイは、白黒ストライプやグレー
シルバーのアスコットタイなど。

シャツは、白無地です。

ベルトではなく、黒か白黒縞柄のサスペンダーを使います。

一般的に昼間の結婚式では
とてもふさわしいスタイルです。

とは言っても、わざわざ揃えるとなると大変ですよね。

そこで、ビジネス用でも使えるスーツで
次におすすめなのが、ダークスーツです。

ダークスーツ

ダークスーツも準礼装となります。
ですから、結婚式などフォーマルな場で着用できます。
ビジネス用でも着れますので、大変重宝します。

ただし、無地のものを選んでください。
黒・濃紺・濃グレーなどです。
シャドーストライプ以外のストライプはカジュアルとなります。

シャツもフォーマルな白を選んでください。
柄ものや色のあるものは、NGです。

ネクタイも、シルバーや光沢のある淡い色合いのものなら
フォーマルとして使えますが
派手な柄や普段使いのもの、濃い色のものは避けてください。

ブラックスーツ

実は、ディレクターズ・スーツほどは
フォーマルではありません。

ほとんどの人が冠婚葬祭で着れる定番の礼服です。
ダブルのスーツに白いネクタイ、白いチーフです。

少しおしゃれにすることで
大変使い勝手の良い礼服となります。

たとえば、ジャケットをシングルにして、
グレーのベストを合わせます。

ネクタイは、シルバーのアスコットタイ
ベストと合わせたチーフにするなど。

少しだけアレンジするだけで
スマートな感じになります。

その他に礼服と言われるものをご紹介しておきましょう。

SPONSORED LINK

その他の礼服

燕尾服

燕尾服は、最も格式のある礼装です。
白い蝶ネクタイを用います。

ノーベル賞の授賞式や宮中での勲章授与などでは
燕尾服の姿を見かけたかと思います。
また、燕尾服は、夜の最礼服となっています。

モーニングコート

昼間の礼装として、最も格調が高い礼装です。
新郎新婦の父親などが着ます。

記念式典や公式行事での主役の人または、
それに準ずる人が着用するものです。

タキシード

夜の正礼装です。夜の披露宴でしたら、こちらです。
ブラック・タイとも言われ、黒い蝶ネクタイが用いられます。

和装について

男性の和装の正礼装となると、黒5つ紋付羽織袴となります。
黒5つ紋付羽織袴は、仲人や新郎新婦の父親、媒酌人、親族などが着るのが普通です。

披露宴に招かれた人は、長着に紋がなく、羽織に紋が一つ以上
ついていれば略礼装となります。
黒以外の色羽二重を着ます。

まとめ

結婚式はフォーマルな場なので、それにふさわしい服装を着ることがマナーです。
おすすめは、ディレクターズ・スーツですが、ダーク・スーツでも構いません。

ただし、ダークスーツの時は、シャツの色を白ネクタイもシルバーなど光沢あるもの
ブラックスーツの場合も、ネクタイをシルバーのアスコットタイなどでアレンジするとおしゃれに。

最後に

結婚式はフォーマルな場です。
年齢層も多様ですから、
服装マナーはとても大切なものです。

自分流のおしゃれで、なんでもありではありません。

披露宴会場が室内なのに帽子をかぶっていたり、
ジャラジャラとアクセサリーをいっぱいつけたり、
ノーネクタイだったりするのは、NGです。

無精ひげもいただけないですよね。
清潔感があって、きちんとした格好をしてくださいね。

きれいに見せることは大切ですが、自分が目立つことではなく
主役である新郎新婦をお祝いする気持ちを
忘れないようにしたいですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-暮らしの知恵・豆知識

成長因子注入療法