暮らしの知恵・豆知識

お好み焼きともんじゃ焼きの違いは?ルーツはお菓子?

もんじゃ焼き食べに行こう!

下町に住む同僚から誘われて

月島へ。

 

お好み焼きは好きで

家でも食べるけど、

お好み焼きともんじゃ焼きって

違うの?

 

東京生まれでありながら

食べたことなかったのです。

お好み焼きともんじゃ焼きの作り方の違いは?

どちらもいわゆる粉ものと言われていて

給料前や育ち盛りのいる家庭では

大活躍!

 

頼りになる助っ人的な存在です。
小麦粉を主体にして、出汁や具を入れて

焼いて食べるものです。

 

お好み焼きともんじゃ焼きの

決定的な違いは、

固まっているかどうか。

 

わかりやすいように

動画でご説明いたしましょう!

お好み焼きの作り方

お好み焼きは、小麦粉とキャベツや卵を出汁で溶かして

お好みの具(豚や、魚介類など)を入れて焼きます。

お好みの具についてはこちらのブログへ

当ブログ お好み焼きの具のランキング!合コンの話題に

 

もんじゃ焼きのの作り方

作り方

  • 水と薄力粉割合を約17対1にします。
  • そこにウスターソースや出汁の元を入れます。
  • それとは別にキャベツ、さくらえび、天かすなどお好みの具を混ぜます
  • 鉄板に油をひいて、キャベツがしんなりするまで焼きます。
  • キャベツをドーナツ状にして、真ん中を開けて土手を作ります。
  • 中央に、ウスターソースを混ぜた生地を流します。
  • 土手と生地を混ぜ全体を平たく広げて出来上がりです。

 

動画を見ていただいたように

お好み焼きともんじゃ焼きの

決定的な違いは粉と水の割合ですね。

 

お好み焼きの方は、まとまっているので、

出来上がりを切って、一人ずつ分けることができます。

 

もんじゃ焼きの方は、お好み焼きよりも

水の割合の方が多いので、

切って分けることはできません。

もんじゃ焼きのおいしさ

私は、最初同僚に連れて行ってもらった時に

小さなへらですくって食べるもんじゃ焼きに

結構抵抗感がありました。

 

えーー?

この

べたべたしたの食べるの?

 

みたいな感じで

味よりも見た目で

判断していました。

 

ところが、食べてみると

意外なおいしさにビックリ!

 

小麦粉のだし汁が多いので

鉄板に接する部分が、

パリパリと薄く焼け

ちょうど、餃子の羽みたい

香ばしくなっておいしいですのです。

 

ビール飲みながら

食べるのもありだわと

思えるようになりました。

もんじゃ焼き

東京の下町の月島は、

もんじゃストリートと呼ばれるくらい

もんじゃ焼きのお店が多く、立ち並んでいます。

もんじゃ焼きとお好み焼きどっちが先?

小麦粉を水で溶いて食べたのは

茶道のお菓子である「麩の焼き」が、

もともとのルーツだそうです。

 

ちょうどクレープのような感じの

お菓子だったようです。

 

のちに、江戸時代の後期から、

子供おやつとして

水で溶いた小麦粉に砂糖を混ぜ

 

銅板や鉄板の上で

文字や動物などの形に焼いて

いたそうです。

 

「文字焼き」と言って

文字を水で溶いた小麦粉で

文字を書いて、字を教えたことから

始まったそうです。

 

文字焼きがなまって、

もんじゃ焼きとなりました。

 

明治以降ソースの普及で

洋食ブームとなり

東京ではもんじゃ焼きが

どんどん焼きに変わりました。

 

肉やイカ海老を小麦粉に混ぜ

焼いた後、ウスターソースを

つけて食べるようになりました。

 

ちなみにどんどん焼きの由来は、

ドンドン太鼓を鳴らしながら

売っていたためです。

お好み焼き

このどんどん焼きが

全国に広がっていったようです。

 

小麦粉を鉄板などに流して

食べるようになり、

 

大阪では、戦前のころから

屋台で小麦粉に野菜やイカなどを入れて

焼くようになったそうです。

最後に

お好み焼きももんじゃ焼きも

今も昔も庶民の強い味方だったのですね。

 

どちらもおいしいので、食べ比べてみてくださいね。

おまけに月島の地図をどうぞ

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-暮らしの知恵・豆知識

成長因子注入療法