食べもの

オクラの栄養と効能!ネバネバが凄い?!

2015/05/15

ネバネバするものは、栄養があるから
しっかりと取るように。

小さなころから、母親に言われてきたけど
ほんとかしら?

Sponsored Links

オクラの栄養と効能について

オクラの栄養と効能について
早速調べてみました。

オクラの栄養

8月の暑い時期が、旬のオクラ。
ビタミンやミネラルが
たっぷり含まれています。

オクラの栄養と効能

  • β-カロチン(670μg)
  • ビタミンB1・B2・C(11.1 mg)
  • カルシウム(92㎎)
  • カリウム(260 mg)
  • 鉄分(0.5㎎)
  • マグネシウム(51㎎)

オクラ100グラムに含まれる栄養素

オクラの栄養素は、キュウリよりも
β-カロチンは、2倍、
また、カルシウムも3.5倍
食物繊維も5倍
含んでいます。

ベータカロチンは、抗酸化作用があると言われています。
オクラの効能を見ていきましょう。

オクラの効能

  • 夏バテ防止
  • 整腸作用
  • 消化促進
  • 疲労回復
  • 便秘や下痢の解消
  • 血糖値の上昇を抑制
  • 胃腸の粘膜保護

オクラを切った時に出てくるネバネバは
ペクチンやガラクタン、アラバンなどの食物繊維です。

ペクチンというのは、
果物などを煮た時にも出てきて、ゼリー状になりますが
このネバネバした細胞をつなぎ合わせる作用があるそうです。

オクラに含まれているペクチン

実は、この食物繊維であるペクチンに、
整腸作用や下痢や便秘を予防する効果があるそうです。

夏の暑い時期には、どうしても
冷たいものを取り過ぎてしまう傾向がありますから
そうめんに入れたりと、積極的にとりたいですね。

さらに、もう一つのネバネバのもとは、
タンパク質の一種のムチンが含まれています。

オクラに含まれているムチン

ムチンは、胃の粘膜を保護する働きがあるそうです。

さらに、悪玉と言われているコレストロールの一つ
LDLの値を下げると言われています。

悪玉コレストロールが、原因とされる病気である
動脈硬化や心筋梗塞、糖尿病にも、効果があると
期待されているそうです。

また、ムチンは、老化防止に役立つと言われていますので
アンチエイジング効果を期待したい
マダムにはおススメですね♪

ただし、ペクチンは加熱でも壊れませんが
ムチンは熱に弱いので、生で食べる方がいいそうです。

Sponsored Links

オクラをおいしく食べるために

日本では、さっとゆでて食べるのが一般的ですが
海外では、スープなどのように煮て食べることが多いそうです。
カレーなどに入れてもいいですね。
オクラの下処理のポイントは

  • 枝のついていたところを切り落とすこと
  • がくのついたところを取り除く
  • 塩もみをすること

オクラの選び方

オクラの選び方のポイントは3つです。

  • がくが白いもの(黒いものはだめ)
  • 全体にふっくらしている
  • 淡い色のもの

緑の網に入って売られていますが、
チェックして、鮮度のいいものを選んでくださいね。

オクラはアフリカ原産で、
オクラ(Okra)といわれています。

英語では、ガンボ(Gumbo)とも呼ばれていますが
中央アフリカの言語に由来するそうです。
日本には、江戸時代から入ってきたそうです。

最後に

オクラは、冷たいものを取り過ぎて
弱った胃腸や夏バテ防止に最適な野菜ですね。

家庭菜園でも手軽に、オクラを育てることができます。

自分で育てると、食べる楽しみだけでなく、
もう一つおまけの楽しみがあります。
それは、オクラの花を見ることです。

朝しか咲かない
黄色の芙蓉の花に似た美しい花です。

自分で育てた人しか、見ることができない
とても貴重な花ですね。

オクラ

オクラの花

ただし、実もあっというまに大きくなるので
取りそこなうと、固過ぎて食べれません。
何度か食べそこなってしまいました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-食べもの

成長因子注入療法