食べもの

緑茶のカテキン!抽出方法でこんなに違う?!2つのポイント

緑茶のカテキンには
凄い効果がいっぱいあることは
よく知られています。

この凄い効果をさらに生かしたいですよね。

実は、まだ知られていない緑茶パワーがあるそうです。
効果的にするための抽出方法をご紹介します。

Sponsored Links

いつも緑茶以上のパワーある効果的な抽出方法

カテキンには、免疫機能も活発化させる作用があります。

免疫機能をさらに発揮させるための抽出方法で
2つのポイントがあります。

  • 氷水を使うこと
  • 5分ほど蒸らす

氷水だと、実は、カフェインもカテキンも出てきません。
そのため、苦みもなくまろやかな味になります。

カフェインがでませんので、子供でも
妊婦でも安心していただけます。

カテキンが出てこない代わりに。
エピガロカテキンという物質が出てきます。

お湯で抽出するお茶よりも
旨みが1.5倍になります。

Sponsored Links

エピガロカテキンの効果

培養したヒトの細胞に、エピガロカテキンを入れてみる実験をすると
白血球の一種であるマクロファージを刺激して
活発化することがわかりました。

マクロファージの活動を促進するため
免疫機能が上がりますので
感染症予防、熱中症対策などに
効果が期待できます。

茶葉のカテキンの種類

茶葉には、4種類のカテキンが含まれています。
その中でも
抗酸化作用が最も高いと言われているのが
エピガロカテキンガレート(EGDG)と呼ばれるものです。

緑茶のカテキン効果!認知症リスク1/3ってホント?

緑茶の中の主なカテキン
エピカテキン      6.4パーセント

エピガロカテキン    19.2パーセント

エピカテキンガレート  13.7パーセント

エピガロカテキンガレート 59.1パーセント

エピガロカテキンガレート(EGCG)は、20℃以下の低温では
溶け出ることがなく、80度以上で、抽出します。

氷水では、エピガロカテキンガレートのカテキンではなく
エピガロカテキンが抽出されるため、苦みがなく
甘さを感じるようになると言われています。

氷水で抽出したあとの茶葉に、お湯をさすことで
エピガロカテキンガレート(EGCG)であるカテキンは
抽出することができます。

氷水で飲み、さらにお湯でまた飲むことができるわけです。

エピガロカテキン抽出するお茶の作り方

★用意するもの★

煎茶10グラウム
氷水100ミリリットル

5分おいておきます。

または、
だしパックに煎茶10グラムを入れて
1リットルの氷水に入れてます。

さらに、氷水出しのお茶を使って、
腸の中で脂肪をブロックして、トクホのお茶を簡単に作ることができます。

ス―パー緑茶の作り方

★用意するもの

煎茶 1グラム
シソ 2枚

★作り方
すり鉢で、シソと煎茶をすります。
30分ほど置いておきます。
お湯で1分蒸らして出来上がりです。

ポリフェノールの一種のテアフラビンを
取ることができます。

まとめ

緑茶を氷水で抽出することで、甘みが増し
旨みが1.5倍になるだけでなく
免疫機能をアップさせる成分である
エピガロカテキンが抽出されます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-食べもの

成長因子注入療法