健康・医療

座禅の効果!セロトニンが増えるってホント?不安に打ち勝つ?!

スポーツ選手の間では、自己記録を上回るために
常に、プレシャーや不安にさらされています。

平常心で、リラックス状態にいることで
多くの記録をのばしています。

試合などでの不安に打ち勝つための
心の保ち方が重要視されています。

アスリートの間では、座禅をすることで
心を穏やかにする効果があると言われているそうです。

アスリートに限らず
スティーブ・ジョブズも
座禅をしていたことも、知られていますね。

ビジネスマンやあらゆる職業の人において
ストレスを抱えやすい現代人にとって

不安な気持ちを制御することは、
より良く幸せに過ごす時に
大切なことだと思います。

私もつい、イライラして
子供を叱りつけてしまっているのは
もしかして、脳の中の物質が減っているせいかもしれません。

SPONSORED LINK


座禅をすると、心が穏やかになりますが
心を穏やかにすることは、科学的にも
証明されています。

座禅効果でセロトニンが増えるのか?

心を穏やかな状態というのは、どんな時でしょう?

どんなに怒っていても
眠ってしまえば、心が穏やかになりますよね。

実は、この眠っている状態に
近い状態が、座禅を組むことで、同じ状態を作り出すことができます。

そして、座禅をすることで、
脳の中にある、セロトニンが増えると言われています。

座禅をやったことがない人に対して、実験を行ったところ
前脳において、セロトニン神経が活発化し、
セロトニン分泌が増加するという結果があるそうです。

座禅によるゆっくりとした、腹式呼吸が
寝ているときのようなリラックスした状態になるからだそうです。

座禅の呼吸法の規則正しくリズムを繰り返していること
関係があるようです。

同様に、同じリズムで歩くことや
ガムをかむという咀嚼リズムも
実は、呼吸のリズムと同じように
セロトニン神経を活性化するというデータもあるそうです。

ところで、セロトニンが減ってしまうとどうなるのでしょうか?

セロトニンが不足するとどうなるの?

セロトニンとは、神経を伝達する物質です。

セロトニンには、他の神経を伝達する物質である
喜びや快楽の時に出るドーパミンや驚いたり
怖かったりするときに出てくる
ノルアドレナリンなどの情報をコントロールする働きがあります。

バランスと取るために、必要なのが、セロトニン/font>と言われています。

セロトニンが不足すると、どうなるかというと
ドーパミングやノルアドレナリンの制御ができない
ために、色々の症状が引き起こされます。

たとえば

  • 気分が不安定
  • 寝つきが悪い
  • 落ち着きがない
  • きれやすい
  • 気分が落ち込みやすい
  • イライラしやすい
  • 昼夜逆転してしまう
  • 依存症になりやすい
  • 落ち込みやすく舞い上がりやすい

日常生活に、ほんの5分ほどでも
座禅の時間を設けることで、前向きに変わったなどと
言われています。

座禅の効果を実感できたところで
実践編といきましょう。

SPONSORED LINK

効果的な座禅のやり方とは?

家庭で簡単に座禅をする方法ですが、
椅子に深く腰掛けます。

目は斜め下45度くらい下げて、ぼんやりと
見るようにします。

呼吸は、腹式呼吸を行います。

5秒鼻から吸って
1棒止めて
10秒口から吐きます。

信者でなくても、受け入れてくれる
お寺で座禅を体験してみるもの
いいかと思います。

本格的に座禅をしたいときは

座禅は、曹洞宗で受けつけてくれています。
全国の座禅を受け付けてくれるお寺を調べるには

座禅効果

その他にセロトニンを増やす方法

座禅の他にも、セロトニンを増やすことができます。

  • 太陽の光を浴びる
  • 人と接触する回数を増やす
  • 呼吸と運動をリズミカルにする
  • しっかりと噛む

太陽の光をあびることで、脳内の時間が正しく動きます。
朝昼の間に、太陽の光を浴びることで、夜寝る時間を
正しくすることが期待できます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-健康・医療

成長因子注入療法