食べもの

酢の効果と効能!スプーン一杯で糖尿病・認知症予防?!

お酢と飲んでいると、肌もつやつやになるだけでなく
認知症予防や脳梗塞、心筋梗塞のリスクも下げるとか。

体が柔らかくなるから、酢を取っていた方が良いと
子供のころ言われていましたが、果たして真偽のほどは
どうでしょう。

食欲がなかったり、元気がない時には、酢のものをとると
元気になるような気がしますが、認知症予防になるなんて本当なのでしょうか。

SPONSORED LINK

お酢の効果と効能

酢効果効能
お酢には、生活習慣病の予防になると言われています。

  • 血圧を下げる効果
  • 血液中のコレストロールや中性脂肪を下げる効果
  • 内臓脂肪を減らす効果

があるそうです。
血圧を下げる効果
実際大さじ1杯のお酢を毎日2か月ほどとったところ、
血圧が10も下がったことが分かったそうです。

血液中のコレストロールや中性脂肪を下げる効果
大さじ一杯のお酢を取ったところ、取ったすぐから
中性脂肪も血中のコレステロール値も下がったそうです。

内臓脂肪を減らす効果
14週間大さじ1杯の酢を取り続けた結果、4.9パーセントの内臓脂肪が減ったそうです。

ただし、いずれもお酢の摂取をやめた途端
元に戻ってしまったそうです。

ですから、毎日取り続ける必要がありそうです。

美容効果については、代謝が良くなることで
肌のつやもよくなったのではないかと言われています。

また、糖尿病の予防の研究をしている
愛知みずほ大学の佐藤祐造先生によりますと、
血糖値の上がり方も、お酢を摂取した場合とそうでない場合で
顕著の違いがあることを証明しました。

30分ほど自転車をこいだ後、3つの飲み物を与えて
血糖値を測りました。

  • ブドウ糖の入ったスポーツドリンク
  • ブドウ糖の入ったスポーツドリンク+酢

お酢の入った酢とスポーツドリンクを摂取すると
血糖値が急上昇するのを抑えることが分かったそうです。

糖尿病患者の方には、お酢を毎日取るように
治療の一環として、すすめているそうです。
お酢はいろいろの種類がありますが、効果に差はないそうです。

では、お酢で、認知症予防にはなるのでしょうか?

SPONSORED LINK

お酢と認知症予防

直接的に認知症予防になるのではなく
血液の流れをスムーズにすることで
間接的に予防するというものです。

血糖値が高くなることで、引き起こされる糖尿病がありますが
糖尿病や糖尿病予備軍い当たる人は、アルツハイマー病になる
危険性が4.6倍も高くなるそうです。

血液の流れが悪くなれば、当然脳内の血管だって詰まりやすくなりますから
脳内の血管がつまれば、神経系統に血液が流れなくなり
物忘れや認知症を起こしやすくなります。

体は、全部つながっているのですから、血液がサラサラ流れるように
しておけば、健康を保つことができるわけですね。

毎日お酢を取る方法

  • お酢を大匙1杯入れて、ご飯を炊く。
  • 牛乳+お酢(小さじ1杯)⇒ヨーグルトドリンクまたは、インドのラッシーみたい感じで飲めます。
  • キャベツ+塩昆布+大さじ2杯のお酢⇒簡単浅漬け
  • 納豆+お酢⇒ネバネバも多くなっておいしくなります

私がおススメなのは、自宅で作るフルーツ酢です。
乾燥したお好みのフルーツにお酢と砂糖を入れたものを作っておきます。

フルーツ酢の作り方

煮沸消毒して、乾かしたビンに材料すべてを入れます。
砂糖が解けたら完成です。(目安2日後)

米酢200CC
ドライマンゴー50グラム
砂糖 50グラム

米酢200CC
レーズン50グラム
砂糖 50グラム

フルーツ酢大さじ1杯を炭酸で割って、ジュースとしてもおいしいですし
調味料として使うのもおススメです。

鍋に、フルーツ酢とちりめんじゃこを絡めて火を通したものは、
冷奴のトッピングでも
ご飯のお供でも美味しく食べれます。

肉類を焼いた後に、醤油とフルーツ酢で、からめると美味しいですよ。

まとめ

毎日スプーン一杯のお酢で、
生活習慣病、糖尿病、認知症予防ができます。

  • 血圧を下げる効果
  • 血液中のコレストロールや中性脂肪を下げる効果
  • 内臓脂肪を減らす効果
  • 毎日お酢を取る習慣をつけて、元気に過ごしてください。

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク


    -食べもの

    成長因子注入療法