エンタメ

ウインブルドン2016の賞金金額!勝者も敗者ももらえるの?

ウインブルドンは今年で130回目を迎える
伝統的な四大国際テニス大会の一つです。

英語名ではThe Championships, Wimbledonと
言われていて、
イギリス・ロンドンのウィンブルドン
(Wimbledon) で開催されます。

今年も6月27日(月)から7月10日(日)の日程となっています。

また、今年から賞金金額が5%増額になるそうです。
シングルス優勝者には、200万ポンドだそうです。

1回勝つとどのくらいもらえるのでしょうか?
また負けた場合の金額はどうなのでしょう?

Sponsored Links

ウインブルドン2016年の賞金金額

昨年の2015年には、男女シングルスの優勝者には
それぞれ188万ポンド(約3億4,000万円)
準優勝者は94万ポンド(約1億8,000万円)の
賞金金額でした。

今年の優勝者は、200万ポンドの賞金です。
日本円で換算すると、約3億2,300万円となります。

ちっとも想像がつかない金額で
宝くじみたいです。

大会の賞金総額は
2,810万ポンド(約45億3,540万円)です。

ウインブルドン2016の賞金は、勝者も敗者ももらえるの?

実は、ウインブルドンでの賞金は
優勝しなくても、もらえます。

たとえば、1回戦敗退したとしても
賞金はもらえる
んですね。

ちなみに2015年の時のシングルの男子、女子の
賞金金額を見てみましょう。

優勝 188万ポンド
準優勝 94万ポンド
ベスト4 47万ポンド
ベスト8 24.1万ポンド
4回戦 2.7万ポンド
3回戦  7.7 万ポンド
2回戦 4.7  万ポンド
1回戦 2.9 万ポンド

昨年、日本の錦織選手が、2回戦で
敗退した時には、日本円にして
約903万円の賞金を手にしました。

負けてももらえるなんてスゴイと思ったのですが
まず、ウィンブルドンの出場権を持つことが
とても大変なことなんです。

世界ランキングが上位でないと出ることはできません。

Sponsored Links

ウインブルドン2016の賞金が敗者でももらえる理由

ウィンブルドンのシングルスに出場できるのは
128人となっています。

出場資格は

世界ランクで、プロテクトランク保持者を含む
上位104名が本線に出場できます。
さらに、8名が推薦によって、選ばれます。

そこに漏れた上位120名は予選出場資格をもらえ
更にそこで漏れた人で、8名が予選出場できるそうです。
この128名が予選を行って
3回勝ち抜いた16名が、本線に出場できます。

最初に選ばれた104名と推薦8名に加えて
予選を勝ち抜い他16名。

全部で128名が本戦で戦います。

これだけ勝ち抜いた後での、出場なわけですから
出場できただけでも、とても名誉なことです。

さて、今年はどんな戦いが繰り広げられるでしょう。

男子シングルスでは、2年連続3回目の優勝した
ノバク・ジョコビッチ選手がまた、優勝するのでしょうか。
それとも、ロジャー・フェデラー選手が、優勝するでしょうか。

錦織選手にも期待がかかります。

女子シングルでは、セリーナ・ウィリアムズ選手が
王者をキープするのでしょうかね。

楽しみにしたいと思います。

テレビの放映時間についてはこちらの記事へ

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-エンタメ

成長因子注入療法