暮らしの知恵・豆知識 食べもの

はたごんぼの値段や購入場所や通販は?寿司やコロッケも!

2019/06/16

和歌山県の橋本市の特産の「はたごんぼ」。
見たことがない大きさに、
ビックリです。

地元では、寿司やコロッケとしても
売っているそうですが、
味が気になりますね。

香りが良くて、食べたときもとっても柔らかくて
味もゴボウというよりお芋に近い柔らかな食感で
深みがあるそうですよ。

一瞬見た感じでは、大きなごぼうで
スカスカのしているのかなと思ったのですが
そうではなさそうです。

はたこんぼの名前の意味や
購入場所や通販でもあるのか
早速チェックしたいと思います。

スポンサードリンク

はたごんぼの値段や購入場所は?


出典:インスタより

Sponsored Links

和歌山県の橋本市で栽培している
巨大ゴボウ「はたごんぼ」は、

幻の「はたごんぼ」として
平成26年度プレミア和歌山審査委員特別賞受賞

しています。

大きいですよね。

しかもお芋のように柔らかいなんて
食べてみたいですね。

地元の直売所で販売されています。

和歌山県橋本市の農産物直売所「くにぎ広場」
住所:橋本市南馬場字平尾
電話番号: 0736-33-5288
営業時間:9時から17時
火曜定休(10月31日まで火曜・水曜定休)
紀伊清水駅出口から徒歩約23分
学文路駅出口から徒歩約29分
橋本(和歌山県)駅出口から徒歩約45分

で売られています。

農産物直売所「くにぎ広場」では、
はたごんぼや地元野菜や果物のほか、

はたごんぼを使ったコロッケ
やお寿司、ごぼう茶などの
加工品の販売も行っています。

気になる値段ですが
はたごんぼは、1kgあたり1,000円から3,000円
コロッケは、一つ100円
寿司は、300円~
ごぼう茶は650円で

販売されています。

地元の直売所以外で購入できるか気になりますね。

はたごんぼの通販は?

はたこんぼは、通販で手に入れることができるのかしら?
お茶は、楽天で売っていました。

はたごんぼは、
幻のはたごんぼとして、
農事組合法人 くにぎ広場・農産物直売交流施設組合
で取り扱っています。

電話注文や予約で購入できそうですよ。

生産・製造業者名 農事組合法人 くにぎ広場・農産物直売交流施設組合
住所:648-0044 橋本市南馬場506-5
電話番号:0736-33-5288
FAX番号:0736-33-5288

橋本市内でも買えるところは、
この直売所とイベント出店時くらいしかありません。
時期になると、県内外から多くの人が買い求めに
訪れます。

収穫は12月から1月がピークで、
流通時期は、11月から4月なので
その時期に注文してください。

希望小売価格は、
1kgあたり1,000円から3,000円です。

11月からの予約の確認を
電話かFAXでして頂く方法で
購入できます。

はたごんぼの名前や栽培方法とは?

産地である「(西)畑」から、
「はた」、そして
ゴボウから「ごんぼ」ということから
はたごんぼという名前は、
西畑で採れるゴボウという意味です。

西畑の粘土質の赤土で栽培され、長さは約1メートルで
直径5から6センチになり、大きいものは、約10センチにもなります。

粘り気のある土壌というのは、本来は、ゴボウの成長には
ストレスになります。
ところが、かえってその環境こそが、
ごぼうの成長を促して太さや独特な香りや
美味しさの秘訣になっているのではないかと言われいます。

はたごんぼのレシピは、普通のごぼうのレシピと
同様に筑前煮やきんぴらごぼうなどで美味しく召し上がれます。

和歌山って梅やみかんのイメージでしたが
りっぱなはたごんぼも実際に食べてみたいですね。

豊かな自然に囲まれて育った作物は
ほんとおいしいですからよね。

和歌山県のアンテナショップには売っている?

時期によると思いますが、運がよければ、
もしかしたら、
手に入るかもしれませんね。

和歌山県アンテナショップ
【住所】東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館地下1階
【営業時間】10:00から19:00 (日曜・祝日は10:00から18:00)
【電話】03-6269-9434

わかやま紀州館miniもあります。
和歌山紀州館mini一覧はこちらから

それにしても、はたごんぼのお寿司や
コロッケの味も気になります。

実際に訪れて
食べてみるのもいいですね。
和歌山県橋本市近辺観光について、詳しくはこちらから

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-暮らしの知恵・豆知識, 食べもの

成長因子注入療法