子供と一緒に

家庭教師の無料体験のおすすめは?選ぶ基準の見分け方

Sponsored Links

無料家庭教師体験のおすすめ!


 

子供の勉強のやる気ってどうやってあげることができるのかしら?

それは、私の子育てのテーマでした。

息子は、ポケモンだったら、名前から進化系から
攻撃タイプなど全部覚えているのに、
漢字の書き取りは、とっても危ういし
このまま行ったら、落ちこぼれ間違いなしだなあ。

お姉ちゃんの時は、小学校3,4年から、中学受験のために
塾に行く人が多かったけれど、
息子の時には、お受験する子どもたちは
小学1年生いや、幼稚園の頃から
塾に通っていました。

中学受験は希望していないけど、
自分で勉強の習慣をつけて、
高校、大学、就職と自分で自分の進路を
自分で考えてほしいなあと思ったのです。

そう。

我が家では、ずっとそんな感じで
自分で自分の事を考えられる子に育ってほしいというのが
私の子育てのテーマでした。

そのためには、子供が勉強の習慣をつけることができれば
今後様々な問題に出会ったときに、
どうすべきか解決できるようになるだろうと
思いました。

ところが、その習慣というのが
なかなか難しく歯磨きのように
定着することがとても難しいわけです。

また、親が、実際に勉強を教えようと思っても
かなり難しいと思います。

そこで、第三者に委ねることをおすすめしたいと思います。

そのために、塾や家庭教師などを
利用することをおすすめします。

  • 家庭教師の意外なメリットとは
  • 親が見るポイントとは
Sponsored Links

教師はコーチ?


家庭教師なんて、もちろん値段も高いでしょうし、
とてもそんな裕福な家ではない
と最初は敬遠していました。

なので、自宅で自分が教えればいいと思ったのです。

ところが、これが曲者です。

どうしてわからないの?

感情的になってしまって、
全くうまくいきませんでした。

今でも、娘は、嫌な思い出として
残っているようです。

なまじっか教える仕事もかじっていただけに
できると思ったのが、問題だったのです。

人を教えるには、それなりの
プロの技が必要ですよね。

しかも、コーチングと考えたら
かなり高度な技術ですから、しっかりと
プロの手を借りるのがいい
にきまっていますね。

芸能人が大学に合格するための企画が
最近もありましたが、
まさに、その姿は、コーチそのものでしたよね。

塾も家庭教師も成績アップはしない?


そもそも勉強は、
塾に行ったり、家庭教師をつけたところで
成績アップはしません。

自分でわからないところが
わかるようになったり、自分で納得して理解して
記憶に定着することで、身につくものです。

ですから、わかりやすい授業を聞いて
わかったつもりになっても、理解していなければ
いざ自分で問題を解いたところで出来ないということは
よくあることです。

自分でわからないところがどこなのか?
どうしてつまづくのかなど
考えること
で、理解できるようになります。

そもそも自分で考える習慣や
自習をする習慣がないと
学力アップにはつながらないわけですね。

では、自習する習慣がない場合は
どうしたらいいのでしょう?

親が見るポイントとは?


もし、自分でわからないことがわかれば、
わからないところを塾でも家庭教師でも
聞けばわかるようになります。

そうなれば、自分で勉強する
eラーニングなどや参考書などの本だけでも
十分に成績はあがっていくのでしょう。

まずは自分の子供が、どの段階にあるのかを
見極める必要があります。

  • 勉強する準備ができているのかどうか
  • 自習することができるのかどうか
  • 計画をたてることができるのかどうか
  • 学校の授業がわかっているのかどうか
  • 先にどんどん進んで勉強したいのか
  • 学校に行けず不登校になっているのか

様々な状況があるので、まずは自分の子供の
状態を把握する必要
があります。

その上で、親はどうするのが子供にとっていいのかを
考えなければなりません。

家庭教師のメリットとは


第三者である家庭教師にお願いすると
親が思っていたものとは、違った性格も見えてきます。

家庭教師が、子供の年齢に近い先生だと
お兄さんやお姉さんの様な感覚になるようです。

そのため、子供も親や先生に接するときとは
違い、リラックスして
自分の気持を素直に出すことができる場合あります。

同じことを親が言った場合よりも
家庭教師がいったほうが、素直に聞くという事もあります。

たとえば、不登校で学校の先生に対しても
不信感があっても、少し年齢の上の家庭教師だと
中間な役割で、友達に近い感覚をもつようです。

実際、不登校の子供にとっては
勉強するのが遅れてしまうので
家庭教師に勉強を見てもらうことは、とても多いケースです。

親から見たら、若い家庭教師では
心配になりますが、意外に若いほうが
子供とすぐに馴染んで、勉強することにも
スムーズに移行する
ことがあるようです。

勉強の習慣をまず定着すれば、
あとは、励ます存在がそばにいることで
子供は安心して、勉強することが出来ますね。

家庭教師の選び方の基準とは


では、実際に家庭教師を選ぶ基準はあるのでしょうか?

まずは、子供との相性が一番だと思います。

どんなに、立派な肩書があっても
子供が萎縮してしまっては、勉強自体がさらに
苦痛になってしまいます。

あまりにもなれなれしい感じも良くないですが
まずは、子供がリラックスして、
家庭教師を受け容れる事ができるかは
とても重要な判断基準だと思います。

リラックスした関係で、徐々に勉強が習慣化できるように
手助けをしてくれる先生を選んでください。

家庭教師にもそれぞれ得意不得意があります。

勉強が遅れている人を教えるのが得意な人。
新しいことを先に教えるのが上手な人。
子供との関係性で、仲良くなりやすい人。

様々ですね。

さきほど自分の子供が、どの段階にあるのかを
見極めましたが、この家庭教師には
ココを重点的に見て、レベルアップしてほしい。
ということを伝えておくのもいいと思います。

子供も日日成長していますから
それぞれ、家庭教師に求めるものが
クリアできれば、次の段階に進むことも必要です。

そして、段階をおって、家庭教師を変えることも
必要
となってくるでしょう。

希望の学校に入るための学力をつけさせるためなのか、
まずは学習習慣をつけるところからはじめるのか、など
目的によって当然家庭教師の選び方も変わってきます。

前者のような場合は、希望の学校にすでに
何人か合格させた実績がある家庭教師を探すのがいいでしょう。
おそらく、その学校に合格させるためのコツなどの情報も
多く持っているに違いありません。

また後者であれば、子供の心に寄り添いながら
子供を指導してくれることを期待したいところです。

もちろん相性が悪ければ、すぐに別の人に
変えることも何ら問題はありません。

まずは家庭教師の無料体験をすることから
始めてみましょう。

家庭教師の無料体験のおすすめは


家庭教師のランナーでは、無料体験はもちろんですが
母子家庭や父子家庭には、割引も行ってくれます。

料金もとても良心的ですし、
特に不登校や勉強の習慣がない場合は
とても効果があります。

  • 親が、現在の子供の課題がわかる
  • 子供のやる気や成績アップがつながる
  • 不登校や勉強の習慣がない場合に効果が出る
Sponsored Links

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-子供と一緒に

成長因子注入療法