レジャー 健康・医療

新型認知症の症状と改善方法!実はうつ病だった?!

ぼーっとしているけど大丈夫かしら?

先日、80過ぎの母が、外出先で転んでから、慎重になってしまって
家の中で、じっとしていることが多くなり、皆で心配していました。

80歳でも一人暮らしで、食事も買い物も洗濯も全部一人でしていたのに
心配して、皆が色々なことをし始めたら
今度はやることがなくなって、ぼんやりすることが多くなったのです。

このまま認知症になってしまったら大変と思っていました。

ちょうどテレビで、新型認知症と言われている病気があると聞き
気になっていました。

新型認知症の正体は、どんなものなのでしょう。
どんな症状があるのか、そして改善方法も知っておくと安心ですよね。

Sponsored Links

新型認知症の症状とは

新型認知症は、うつ病性仮性認知症というのものです。
これは、認知症とは違うのですが、症状が似ていることから
認知症だと思われてしまうそうです。

認知症ではないので、劇的に改善することができるのですが、
気づかずに、ほっておくと、ほんとに認知症になってしまうそうです。

従来の認知症になってしまうと、治らなくなってしまうので
まずどういう症状があるのか見ていきましょう。

物忘れの症状がまず出てきます。
そして、物忘れだけでなく、他にも特徴的な症状が現れます。

  • 便秘が多くなった
  • 肩こり・頭痛が多い
  • 食欲低下して、体重が減ってきた
  • 睡眠中、よく目が覚めてしまう
  • 以前より疲れやすくなった

物忘れだけでなく、これらのうち2つ以上の症状がある場合は
うつ病性仮性認知症の疑いがあるそうです。

新型認知症の原因とは

物忘れの症状は、認知症とよく似ているのですが
実は、これは注意力と集中力の欠如によって引き起こされているのが原因です。

ストレスによって、脳の前頭葉の血流が減ってくることで
集中力や注意力が散漫になってしまいます。

さらに前頭葉の血流が低下することで、気分が落ち込み
自律神経の働きを乱すことになり、食欲の低下や疲れやすくなったりと
様々支障をきたすようになります。

もともと、加齢に伴い前頭葉の血流は、低下していきます。
80歳の脳は、20歳の脳と比べて20パーセントくらいは減るそうです。

前頭葉の血流を増やすことができれば、うつ病性仮性認知症を
改善することができるわけですよね。

では、どうやったら前頭葉の血流を増やすことができるのでしょうか。

Sponsored Links

前頭葉の血流アップの方法

前頭葉の血流アップの方法は、2つ同時に行うことです。

散歩と知的刺激を与えることで、血流をアップすることが可能です。
有酸素運動である散歩をすることで、前頭葉の一部だけの
血流をアップすることができるそうです。
ウォーキング
そして、知的刺激を与えることを同時に行うのですが
ココでは、散歩をしながら、川柳を作ることを同時行う実験を
テレビでは行っていました。

実験

1日30分川柳ウォーキングを2週間続ける

その結果、実験前は前頭葉の血流が、少なかったのが
劇的に、血流アップにつながっていました。

最初は、散歩をしていても、単語が出てこなくて
川柳も一首やっとできる程度でしたが、
2週間後には、180種の川柳を読めるようになっていました。

また、表情があまりなかったのが、外で散歩をすることで
徐々に、笑顔が出てきて、表情が明るくなっていました。

そして、以前は、知り合いのいないところに引っ越してきたので
家事も最低限しかしないで、家の中でじーっとしていましたが、
散歩と川柳をするようになってから、
徐々に家事も億劫がらずに、するようになっていました。

まとめ

新型認知症の正体は、うつ病性仮性認知症でした。
認知症とは全く違う病気ですが、ほっておくと認知症になってしまいます。
前頭葉の血流低下により、物忘れだけでなく自律神経失調症となります。

改善方法 散歩しながら川柳を考えること

確かに、定年退職をして、することがなくなると
一気に意欲が失って、認知症になってしまうケースがあると思いますが
それは、もしかしたら、最初にうつ病になっているのかもしれませんね。

物忘れの症状や脳の委縮だけで、認知症だと決めてしまうと
もしかしたら、治るかもしれない病気を見過ごしてしまうかもしれません。

怪しいなあと思ったら、症状などを一緒にいる人が
確認してあげることが、大切ですね。
素人では、判断できないときは
専門家に相談することをおススメします。


朝田隆先生は、新型認知症を詳しく研究されています。

一人暮らしの母には、タブレットを
あげて、とりあえず、ニュースやクックパッドなどを見れるように
教えてあげたら、結構楽しそうに元気になってきました。

新しいことをはじめるのも知的刺激になるのかなあと思います。
少ししたら、ネットスーパーでの買い物も教えてあげようと思っています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-レジャー, 健康・医療

成長因子注入療法