健康・医療

乳がん自己チェック!見た目の3つのサインに注意!しこり無しの乳がん

乳がんの自己チェックでは触診することでしこりを
見つけることができますが、
実は、しこりが無い乳がんもあるそうです。

しこりが無いと、触診ではわかりにくく
医師も発見できない場合があるそうです。

でも、見た目でチェックできるので
3つのサインを覚えていきましょう。

見た目で見つける3つのサインをご紹介します。

Sponsored Links

触診ではわかりにくいのは

  • 特例的な乳がん
  • 乳房が大きい
  • 授乳中

だと難しいです。

見た目で見つける3つのサインとは

1.ブラジャーの裏地をみる

2.乳房に赤みがないか

3.乳房の大きさ左右で違わないか

ブラジャーの裏地で確認すると

乳がんの種類で、11%ですが、
非浸潤性乳がんというのがあります。

しこりのできる乳がんとは違って、できたがんが多くなって
しこりになるのではなく、奥に入ってい行き
しこりにならないそうです。

その場合は、触ったわからないことが多いそうです。

ブラジャーの乳頭に当たるところに
赤黒ずんだ血のシミが
ついていることで、わかります。

乳房に赤みがある時

最初は、あずきくらいの大きさで赤みがあり
触ってみると、熱を持っていて、痛痒い感じが
特徴だそうです。

その後、ほっておくと、赤みが広範囲に広がり
チクチクと痛みを伴ってきます。

この乳がんは、0.3%で炎症性乳がん
しこりを作らず、リンパ管に入り
乳房全体に広がります。

1ヵ月後には、リンパ節や肺などに
転移してしまいます。

怖いですよね。
なんかかぶれたかななんて思っているうちに
どんどん進んでしまいますから、要注意です。

乳房の大きさが変わるとき

乳腺炎の間違ってしまいますが、
乳房の中に癌ができるため
脂肪を押し上げるために、乳房の大きさが変わることがあるそうです。

また、乳房のくぼみがあったり
乳頭が陥没していたり、横や下向きなどの
異変がある場合は、乳房の奥にがんがある場合がある
そうです。

Sponsored Links

簡単なセルフチェックのしかた

毎日お風呂に入るときに、チェックする習慣を
つけておくと良いでしょう。

1.鏡の前で正面と左右をそれぞれチェックします。

チェックポイント
乳頭の位置、乳房の左右の大きさを確認します。
手を上げて、頭の後ろに上げて、くぼみがないかどうか
確認します。

2.石鹸を手につけて。乳房をくるくる回して
しこりがないか触ってみます。

まとめ

乳がんの中では、触診でしこりがない種類のものがあります。
触診だけでなく、見た目でもチエックできるので
毎日チェックしてください。

  • ブラジャーの裏地をみる
  • 乳房に赤みがないか
  • 乳房の大きさ左右で違わないか

毎日こまめにチェックして、検診もしっかり受けておきましょうね。
乳がん検診についてはこちらへ:乳がん検診の費用はどのくらい?注意点は?

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-健康・医療

成長因子注入療法