お正月 暮らしの知恵・豆知識

しいたけの飾り包丁の簡単なやり方!十字や菊花模様は

2019/12/08

すき焼きやお鍋、お雑煮など
飾り包丁を入れる時の
しいたけの見た目も華やかです。

実は、味も染み込みやすかったり
熱も通しやすくなるので、
美味しくなります。

しいたけの飾り包丁の入れ方って
意外に簡単なので、
マスターしておきたいですね。

スポンサードリンク

しいたけの飾り包丁の入れ方

まずは、用意するものから。

道具として使用する包丁は、
ちょっと小ぶりのものが、使いやすいです。
果物ナイフのようなものがおすすめです。

大きな包丁だと、細かいカットがやりにくかったり
重みで切り込みが深めになったりします。

1つ目のしいたけの飾り包丁は、
十字や米印で、切込みを入れる方法です。

しいたけの笠が大きさが、小さいものは
十字にすると良いと思います。

Sponsored Links

★しいたけの飾り包丁(十字や米印などにする)やり方★

1.最初に、椎茸の笠と軸とを切り離します。

2.笠に、包丁を入れるときには、
少し寝かせるようにして、斜め45度くらいの
深さでV字の」切り込みを入れるのがポイントです。

3.逆方向からも切り込みを入れ、切り抜きます。

4.十字の場合は、2箇所で、
米印にするには、3箇所、切り取ります。

ちょっとぐらい不格好でも
意外にそれなりの感じになります。

★しいたけの飾り包丁(十字や米印)の応用編★

十字や米印などにしたあとに、
さらに周りに、斜めに切り込みをいれて、
菊のようにきれいに仕上げます。

5.米印にしたあと、
6方向の模様にそって、
2本の切り込みを入れていきます。

6.6つの模様の外側に切り込みを入れていきます。

7.さらに間を切り落としていきます。

切った後のしいたけは、
軸の部分と一緒に細かく刻んで、
冷凍しておくと、便利です。

味噌汁やハンバーグ、
チャーハン、つみれなどに入れるといいですよ。

動画にあるような、格子も面白いですね。

★しいたけの飾り包丁(格子模様)の入れ方★
1.最初に十字に包丁の切り込みを入れます。

2.笠の皮を剥く用にして、剥がしていきます。

3.斜めの面にも行います。

皮が柔らかいので、むけすぎてしまって
十字の切込みが生かされないとう
失敗があります。

こちらが失敗例

また、大きな椎茸でないと
格子の四角の形にすると、
とっても小さいものになってしまいます。

なので、格子模様を作るときは、
できるだけ、大きな笠の椎茸を使うことをおすすめします。

茶碗蒸しやすき焼き
お雑煮など入れると
とってもきれいですよ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-お正月, 暮らしの知恵・豆知識

成長因子注入療法