口内炎!病院は何科に行けばいい?

公開日: : 最終更新日:2014/12/22 健康・医療



プレゼンがあるのに、口内炎があったら

話がうまくできない。

大事なプレゼンなのに、大ピンチ!

 

そんな時に、意外にもすぐに

解決できる方法がありました!

そうだ病院に行こう!でも何科に行けばいいの?

そんなあなたにご紹介します。

スポンサードリンク

目次

口内炎は何科?

口内炎のできる位置に関係なく

歯科や内科、耳鼻科、皮膚科で受診できます。

小さな子供の場合は、小児科でも大丈夫です。

 

うちでは、

口腔外科のある歯科によくお世話になりました。

歯医者

だいだい口内炎は、1週間くらいすれば

治りますが、なかなか治らなかったり

ひどくなった時にもすぐに病院に行って

見てもらうことをお勧めします。

 

また、小さな子供などの場合は、

口内炎以外の病気などにより

熱によって口内炎ができる場合があります。

 

特に子供の場合は、

食事や水分補給が取れない場合もあるので

小児科に行くことをお勧めします。

 

歯科では、急患を扱っているところもありますし

夜間9時までや

土日に受診できるところがあります。

 

月曜日にプレゼンに間に合わせるために

土日受診できるので、助かりますね。

 

日曜日に受診できる病院一覧こちらへ

ご自身のお住まいの地区から

歯科、内科、耳鼻科などを検索して

ご確認の上、受診されることをお勧めします。

Sponsored Links

 

歯科と口腔外科の違い

歯科は、虫歯の治療や入れ歯など調整などを行います。

 

口腔外科は、親知らずを抜いたりするときは

外科手術の扱いとなるため、口腔外科の領域になります。

 

口内炎の場合は、歯科でも口腔外科でも

どちらでも大丈夫です。

口内炎ができる原因

口内炎がなぜできるのかについては、

今のところ実は、原因不明のようです。

 

寝不足や疲労、

ビタミン不足や胃の不調、

 

風邪や熱が出ることで免疫力の低下や

ストレスなどが要因と言われています。

 

ところが

口内炎の原因は、まだはっきりとわからないのが現状です。

 

また、寝ているときに

口呼吸をすることで、口の中が

乾くことで唾液が減り

 

ウイルスや細菌を取り入れてしまい

風邪をひきやすくなり、

口内炎になることもあるようです。

 

せめて、なるべくならないようにする

予防法を知っておきたいですね。

 

口内炎の予防法は?

予防は、ずばり

口の中を清潔にしておくことが重要です。

 

こまめにうがい(口の中をくちゅくちゅする、消毒すること)

塩水でのうがいでもいいそうです。

うがい

風邪の時は、のどの奥に

うがい液を入れるようにして、

ガラガラとうがいしますね。

 

口内を清潔にするときには、口の中を

くちゅくちゅと動かして口をすすいで下さい。

 

これで明日のプレゼンは、ばっちりですね!

まとめ

  • 口内炎は、歯科、耳鼻科、皮膚科や内科を受診
  • 予防は、塩水や洗口液でのうがいで、口内清潔に

スポンサードリンク

関連記事

口臭の原因と対策は?梅干しに効果が?

口くさーい!   家族だからこそ はっきり言ってくれますが 友人同

記事を読む

no image

噛む効果で高齢者の全身筋力アップってホント?

老化に伴い、思わぬところにつまづいたり 全身の筋力が低下するのは仕方ないと思っていました。

記事を読む

赤ちゃんの睡眠時間!平均は?3か月頃から変わる?

赤ちゃんがいる生活って、 体験するまではほんとわからないことばかりですよね。 しかも、新生児

記事を読む

臓器別ダイエットの方法ややり方とは?効果はあるの?今でしょ講座

ゾンビ体操やえごま油、亜麻仁オイルと数々の健康法を 紹介してくれている池谷敏郎先生。 今回は

記事を読む

しゃっくりの止め方って?水だけじゃない!効果のあるのは?

しゃっくりが止まらないと 死んじゃうんだよ。 と子供を脅かしたために 大泣きさせて、

記事を読む

腸内環境を改善する方法!医者がすすめる糖尿病への効果?!

腸が不健康な人は、脳の働きも悪くなるとか。 腸内環境の研究が、非常に進歩してきて 腸と脳の関

記事を読む

ダンスでの運動の効果?下手でも音痴でも踊れる?!

ダンスは、見るのは大好き! でも、ほんとは、格好良く 踊ってみたいけど 運動音痴でもできる

記事を読む

高齢者の肺炎のワクチン!副作用は大丈夫?

高齢者に多い誤嚥肺炎や 肺炎は、がん、心疾患に続き 死因第3位の原因になっています。

記事を読む

白内障の手術は入院?それとも日帰り?高齢者の付添いから考える

夫の両親は、70代のときに、白内障の手術は 個室入院で行いました。 私の母は、80過ぎてから

記事を読む

花粉症の鼻づまりを解消する方法って?ツボはどこ?

インフルエンザが終わったころになると やって来るあの季節! もうどうにも止まらないクシャ

記事を読む



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください





  • 脱老化!話題のオイル・食べもの・体操
  • デート2
PAGE TOP ↑