子供と一緒に

もいもい絵本の対象年齢や口コミは?泣き止むってホント?

赤ちゃんがピタッと泣き読むと言われている
絵本の「もいもい」。
対象年齢は何歳なのでしょう?

またどうして泣き止むのかも気になりますね。

口コミや動画もチェックしてみましょう。

スポンサードリンク

「もいもい」絵本の対象年齢とは?

絵本「もいもい」は、
あかちゃんが選んだあかちゃんのための絵本です。

Sponsored Links

赤ちゃんの目の動きを、赤外線センサーで
チェックしながら、様々な形を試した結果
作られた絵本です。

実験に参加した赤ちゃんは、
8から13か月の月齢です。

まだ、言葉も話せない赤ちゃんが
喜ぶものは、お母さんでもわかりませんよね。

本当に喜ぶものを
赤ちゃん自身が、示しくれるものだったら
間違いありません。

人間の認知的活動の解明などを
東京大学の開(ひらき)研究室で研究している
開一夫教授が、監修した絵本です。

「もいもい」の他にも
「モイモイとキーリー」、
「うるしー」があります。

実験から見ると
対象年齢は、8ヶ月から13ヶ月の赤ちゃんですね。

絵本「もいもい」の口コミは?ほんとに泣き止むの?


それにしても、ほんとに泣き止むのでしょうか?
口コミを見てみましょう。

  • 3ヶ月の赤ちゃんが、目で追っていた
  • 5ヶ月の娘が、絵本を見た途端大興奮
  • 6ヶ月の息子が、興味津々
  • 6ヶ月の孫が、手で触ったり、反応が大きかった
  • 7ヶ月の男の子が泣き止んだ
  • 8ヶ月になっても飽きずに見ている
  • 11ヶ月の息子は、他の本では無反応だったのに、すぐに反応した
  • ぐずりかけてた2ヶ月の姪が、ピタリと泣き止んだ
  • 2ヶ月のうちの子が、泣き止んでビックリ
  • 2-3か月の子供がじっと、見ていた
  • 3か月の甥っ子が、ピタッと泣き止んだ
  • 今の所100%泣き止んでる
  • など、赤ちゃんにとっては、とても興味深い反応が
    あるようです。

    一方

  • 1歳3ヶ月の息子はは、物足りなかった
  • 泣き止まなかったし、興味なかった
  • 10ヶ月の娘には、効果はなかった
  • など、今ひとつ反応がなかったり
    泣き止まなかったという赤ちゃんもいるようです。

    多くの赤ちゃんは、興味を示しているようですね。

    どうして赤ちゃんは泣き止むでしょう?

    絵本「もいもい」は、
    あかちゃんの目の動きを観察したものです。
    赤ちゃんは、目があるもの追っていく習性がある
    ということから、この絵本の絵が
    目玉のようにも見えるのかもしれません。

    また、色や音にも反応しているのかもしれませんね。

    さらに、絵本「もいもい」のほか
    「モイモイとキーリー」、
    「うるしー」
    についても、大人が選ぶキャラクターとは
    違うものを赤ちゃんは、目で追っていたようです。

    面白いですね。

    赤ちゃんが選んで作った本というのは
    今までなかっただけに大変興味深いですね。

    おもちゃなどにも今後応用されていくかもしれません。

    どんなものでも
    当事者視点って、大事ですものね。

    なんでも、勝手な大人の思い込みであることに
    反省しながら、当事者に寄り添うことの
    重要性を感じました。

    プレゼントにもおすすめですね。

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク


    -子供と一緒に

    成長因子注入療法