食べもの

求肥(ぎゅうひ)と餅の違いやカロリーについて

こんにちは、マダムエムです。

お正月のお餅って食べるの飽きてくると
つい残ってしまいます。

そんな時、ちょっぴり目先を変えて
お砂糖と一緒にレンジに加熱して
混ぜると、柔らかくなり、ちょっとした
おやつになりますね。

そう言えば、あんみつに入っている求肥の
ような感じですが、お餅と何が違うのでしょうね。

カロリーなども気になります。

SPONSORED LINK

求肥(ぎゅうひ)の材料とは

求肥というのは、お餅と同じく
材料は、もち米からできています。

ただ、求肥の場合は、
もち米の粉と一緒に、
砂糖や水飴を
混ぜて練り込んでいます。

もっちりとして、和菓子には欠かせませんね。

ところで、なぜ
求肥(ぎゅうひ)
っていうのでしょうね。

求肥(ぎゅうひ)の名前の由来とは?

求肥は、元々中国では、牛碑と呼ばれていお祭りに
使われていたそうです。

日本には、平安時代に伝わってきたものだそうですが
当時は、もち米は、玄米を使っていたそうです。

その為、色が黒っぽく
牛の皮のように柔らかいことから、
牛皮(ぎゅうひ)と
言われるようになったそうです。

牛皮飴として、献上したそうですが
当時は、牛豚馬など肉を食べることを禁じられていたので
帝の仰せにより、「求肥飴」と変えたのだとか。

また、江戸時代に上杉家が、軍用食糧品として
重宝することから、牛皮を求肥としたという
説もあるようです。

上杉家の敵である
武田信玄の名前と同じ
信玄餅がありますが、
何か関係があるのかしら?

上杉家と言えば、
武田信玄に
塩を送ったと言われていますが。

餅と塩と何か
関係があるのでしょうか?

なーんて妄想してしまいましたが。

SPONSORED LINK

ちなみに、信玄餅は、山梨由来から
武田信玄の名前を使っただけで、何らゆかりはない
そうです。

でももしかしたら、美味しいものは
知らない間に、ちゃんと伝わっていくので
どこかで
上杉家から、武田家に伝来(?)
していたのかもしれませんね。

そういえば、最近は、信玄餅も
進化していて、歌舞伎を見に行った時に
信玄餅クレープを食べましたが
とっても美味しかったです。

黒蜜ときなこの信玄餅だけでなく
アイスもあるみたいなので、
気になる方は、ぜひチェックしてみてください。
⇒楽天:信玄餅チェック

求肥(ぎゅうひ)と餅カロリーについて

美味しくてついつい食べすぎてしまいますが
求肥のカロリーってどれくらいなのでしょうね。

求肥の100gのカロリーは、
257kcal
となるようです。

ちなみに、餅の100gのカロリーは
234kcal
となっています。

求肥には、砂糖や水飴などが
練り込まれているので、その分
餅よりもカロリーが、高くなっているようですね。

さらに、求肥を使って
あんこを包んだ大福や
羽二重団子や
おたべなど。

それぞれ、あんこがプラスされていきますから
カロリーはその分のまた上がっていきます。

美味しいからと言って
やっぱり食べ過ぎは、
控えたほうが、いいですね。

ちなみに、信玄餅のカロリーは
桔梗屋さんのものだと、
1つあたり186キロカロリーだそうです。

1つあたりの大きさが、小さいせいもありますね。

白玉粉から作る求肥の映像がありましたので
ご参考までに。

あんみつにのせて
早速頂きたいと思います♪

まとめ

求肥と餅の違いは、材料にあります。
求肥は、もち粉に砂糖や水飴などを混ぜて作ります。

さらに、求肥の方が、その分カロリーがアップします。

求肥の名前の由来は、牛の皮のように
柔らかったことから、つけられたようです。
牛は当時食べることを禁じられていたので
求肥となりました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-食べもの

成長因子注入療法