暮らしの知恵・豆知識

甘酒米麹からの作り方はコレ!カロリーはどのくらい?

2015/01/12

甘酒は、夏の季語ってご存知ですか?

「現代季語辞典」では、甘酒が夏の季語となっています。

 

なぜ夏の季語かというと

江戸時代から、江戸、京都、大阪では

夏になると甘酒売りが出ていて、よく飲まれていたからです。

 

なぜ、江戸時代に甘酒が売られていたのか?

 

江戸時代の 平均寿命が約46歳。

質素な暮らしで、食生活も貧しく、下水道の完備も十分でなく

不衛生だったことからも

夏の暑さに勝てず、7月8月9月に死亡者が、際立っていたとか。

 

甘酒は、ぶどう糖液で、

総合ビタミンドリンク剤です。

さらに必須アミノ酸強化飲料です

a0001_007402

栄養素

ぶどう糖 20%以上

必須アミノ酸

ビタミン類 ビタミンB1,B2,B6,パントテン酸など

 

これは、病院の点滴(輸液)の栄養補給ぶどう糖液、
必須アミノ酸類、ビタミン類と

同じ成分です

 

そこで体力回復の即効性のある

甘酒は、暑さの厳しい時に

効果を発揮したようです。

 

アルコールは入っていませんから、幼児も病人も飲めるわけです。

(アルコールの入っていないのは、米麹の甘酒)

 

カロリー

甘酒のカロリー100gでたったの81kcalです。

80キロカロリーは、だいたい食事の1単位で表す目安です。

 

例えば、卵1コ、魚なら1切れ、豆腐なら3分の1丁、

牛乳ならコップ1杯などが、

ちょうどこの「80キロカロリー」に該当するのです。

ですから、甘酒100グラムは、約牛乳一杯、卵一個分となります。

Sponsored Links

効能

骨粗しょう症

動脈硬化

老化の防止

がんの予防

便秘解消

美白効果

 

効能のまたすごいこと!

そろそろ お肌の曲がり角も2回以上は

曲がっているお年頃の私としましたら

 

栄養価も高く、しかも効能もたっぷりの甘酒を

思う存分 1年中飲みたくなってきました!

 

甘酒には、原材料によって2種類あります。

・酒粕(お酒を仕込んだ後の 粕に砂糖とお水で味付けたもの、
酒粕なのでアルコール分あり))

・米麹
(麹におかゆ上のコメを入れて発酵させたもの、砂糖は不要)

 

簡単な甘酒の作り方

・鍋と炊飯器で作る方法

・炊飯器だけで作る方法

・魔法瓶で作る方法

・ヨーグルトメーカーで作る方法

 

ポイント

甘酒作りのポイントは、基本はおかゆ作りと同じです。

絶対にかきまぜない

沸騰後は弱火で

吹きこぼさないよう火加減に注意

です。

a1750_000001

作り方

材料

白米1合

米麹200g(スーパーで売っている都麹でOK)

水900CC

 

鍋と炊飯器で作る方法

1.  白米は研いで鍋に入れ、水を加えて30分ほど浸す

2.  中火にかけて沸騰したら弱火にして蓋をして、40-50分炊く

3.  2が60度まだ下がったら、麹を入れかき混ぜる

4.  炊飯器に移して、保温状態に設定して、

炊飯器のふたを開けたまま12時間ほど寝かせる。

5.  50-60度に保てれば10時間前後でできる

6.  途中1-2回かき混ぜて少し黄色みがかかったら出来上がり。

7.  そのままでは濃いので、お湯や牛乳で3-4倍に薄める

 

炊飯器だけで簡単な作り方

  1. 炊飯器のおかゆモードでおかゆをつくります。

3-8は同じ手順

 

魔法瓶で簡単に保温

1.  炊飯器でおかゆを作ったら、麹とおかゆを魔法瓶に入れる。
保温用の魔法瓶に入れる。あとは、そのまま待つだけ

 

ヨーグルトメーカ

  1. 炊飯器でおかゆを作ったら、麹とおかゆをヨーグルトメーカに入れる
    50度10時間に設定してスイッチを入れる

出来上がったら、凍らせておきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

凍らせておくと

子供のおやつにもってこいです。

 

朝は、バナナと牛乳と甘酒氷でジュースにしてもいいです。

お砂糖を使わなくても、甘いのでびっくりすると思いますよ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-暮らしの知恵・豆知識

成長因子注入療法